hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

闘う舞踊団/金森穣

2,200円

送料についてはこちら

闘う舞踊団 金森 穣=著 すべてはこの国の劇場文化のために 新潟で日本初の劇場専属舞踊団Noism Company Niigataを設立、踊り、創り、率いてきた舞踊家の18年の軌跡。 ---------- 17 歳で渡欧、巨匠ベジャールやキリアンの寵愛を受けて帰国した舞踊家・振付家、金森穣が日本で選んだのは、茨の道だった。 全国各地に立派な劇場があるのに、なぜ創造・発信をしないのか。 日本に真の意味での劇場文化を築くために、創り手として何ができるのか。 欧州での10 年間の経験から金森が導き出したのは、「劇場専属舞踊団Noism(ノイズム)」を作り、メソッドを構築して舞踊家を育て、作品を創作し、地方から世界と勝負することだった。 2004 年に設立したNoism は、以来、国内外で絶賛され続ける一方で、つねにさまざまな闘いを繰り返していく。劇場専属と集団の美にこだわるゆえの葛藤と行政との衝突。切実な舞踊への愛。 何度も存続の危機を乗り越えながら、今ようやく「市の文化政策」となったNoism が目指す、劇場のあるべき姿とは。そして新生Noism の行方は。 文化政策関係者、舞踊関係者、ダンサーを志す人はもちろん、現代を生きるすべての人に贈りたい、胸が熱くなる渾身の回顧録! ---------- Noismをめぐる18年間の闘いの物語は、この国の劇場文化の姿を伝える重要な事例であり、数十年後、あるいは100年後の未来、私やあなたがいなくなった世の中で、その時代を生きる芸術家の役に立つかもしれない。 (「はじめに」より) ---------- [目次] はじめに 第Ⅰ部 1 舞踊人生のはじまり 2 学び多き欧州での一〇年 第Ⅱ部 3 「劇場専属舞踊団を作らせてください」 4 なぜ劇場専属舞踊団が必要か 5 苦難のはじまり [Column]Noismサポーターズ 6 Noismの身体性を模索する 7 試行錯誤から見えてきたもの [Column]海外公演の実際 8 舞踊家を育てる 9 舞踊団を率いる 10 日本の劇場の問題点 11 作品・観客・劇場を育む [Column]《劇的舞踊「カルメン」》がもたらした出会い 12 暗いトンネルの先に 第Ⅲ部 13 活動継続の是非が問われて 14 コロナ禍の収穫 [Column]舞踊家の生き様を写しとる 15 文化政策としてのNoism誕生 16 バトンを受け取るあなたへ あとがき [プロフィール] 金森 穣(かなもり・じょう) 演出振付家、舞踊家。Noism Company Niigata 芸術総監督。 1974年、神奈川県横浜市生まれ。17歳で単身渡欧、モーリス・ベジャール等に師事。ルードラ・ベジャール・ローザンヌ在学中から創作を始め、NDT2在籍中に20歳で演出振付家デビュー。10年間欧州の舞踊団で舞踊家、演出振付家として活躍したのち帰国。03年、初のセルフ・プロデュース公演《no・mad・ic project—7 fragments in memory》で朝日舞台芸術賞を受賞。 04年4月、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督に就任し、日本初となる公共劇場専属舞踊団Noism を立ち上げる。革新的な創造性に満ちたカンパニー活動は国内外から高い評価を得ている。 平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞、第60回毎日芸術賞など、受賞歴多数。令和3年紫綬褒章。 (photo:Shoko Matsuhashi) 新書版変型/がんだれ製本/264頁 978-4-909179-09-8 C0036 装幀・組版 佐々木暁 2023年1月末刊行

セール中のアイテム